YouTubeテロップにおすすめのフォントは?無料Adobeフォントを紹介

テロップの作り方
困っている<br>テロップくん
困っている
テロップくん

フォント選びってどうすればいいの?

テロップ博士
テロップ博士

それではYouTubeにおすすめのフォントを便利なAdobeフォントから紹介します。

フォント探しに迷った経験はありませんか?ネット上にはさまざまな無料フォントがありますが、5年間企業のPR動画を制作してきた筆者のおすすめはAdobeフォントです。

この記事ではAdobeフォントからYouTubeテロップや字幕におすすめのフォントをご紹介します。

無料配布あり】バラエティテロップテンプレート

「テレビ番組みたいな動画が作りたい」

BOOTHにてテレビ番組のような動画や広告動画を作りたい方向けにテンプレートを出品しています。

今後も動画編集に役立つテンプレートを投稿していくのでぜひフォローお願いします!

魅力的なフォントと合わせて使えるテキストスタイルが便利

テキストスタイルを使うと簡単にテレビのバラエティ番組のような雰囲気を出すことができます。

またテキストスタイルを使えばフォント選びも自動で行われるので、編集がかなり効率化すると思います。

使い方はテキストレイヤーにドラッグ&ドロップするだけ。

テレビっぽいテロップからツッコミやホラーな表現までさまざまなデザインテロップがワンタッチで作れます。

以下より便利なテキストスタイルとアニメーションプリセットを配布・販売しています。

ぜひチェックしてみて下さい。

ワンタッチで追加できるおすすめのAdobeフォント

テロップ博士
テロップ博士

AdobeフォントはAdobeを使っていれば共通で使えるのでクライアントワークやチームでの制作に便利です。

それではおすすめのAdobeフォントを紹介します。

定番から個性的なフォントまで幅広く揃っていてAdobeの製品を契約していれば無料で使用できるのが便利な点です。

Adobeフォントを開いて「ファミリーを追加」「フォントを追加」をクリックすれば全てのAdobeツールにワンタッチでフォントを追加することができます。

超定番おすすすめフォント「源ノ角ゴシック」

困っている<br>テロップくん
困っている
テロップくん

定番のフォントだね!色々な動画に使えそう!

定番のゴシック体フォント。

どんな動画とも相性が良いのでとても使いやすいです。

太さも選べて、太いほどポップな印象になります。

ビジネス系にも相性の良い「源ノ明朝」

テロップ博士
テロップ博士

ビジネス系の動画と相性が良いかっちり目のフォントですね。

ビジネス系の動画など少しオフィシャルで知的な印象のある明朝体です。

かっちりさせたい時に便利です。また意外にもネガティブ系の表現やホラーとも相性が良いので幅広いジャンルに使えるフォントです。

不気味で印象的な「源界明朝」

困っている<br>テロップくん
困っている
テロップくん

ちょっと個性的な明朝体だね!

怪しい表現などに便利なフォント。ネガティブ系やホラー系はもちろん、ツッコミにも使えるかもしれませんね。

タイトルとして使うと印象深い表現ができると思います。

おしゃれで可愛い丸文字「平成丸ゴシック」

テロップ博士
テロップ博士

可愛らしい丸文字で女性向けの動画と相性が良さそうです。

可愛らしい丸文字フォント。女性向けの動画や子ども向けの動画にも使えそうです。

使い方によっては少し大人な表現をしたい時にも便利かも。

細身の文字と太めの文字を使い分けると表現の幅が広がりそうです。

少し変わった元気なゴシック体「ルイカ」

困っている<br>テロップくん
困っている
テロップくん

動画が元気な印象になるね!

力強くて元気なタッチのフォント。バラエティ系の動画はもちろん、子ども向けの動画やツッコミとも相性が良さそうです。

バラエティ系、エンタメ系の動画と相性バッチリのポジティブさ満点のフォントです。

Vlogにおすすめなおしゃれフォント「Zen Maru Gothic」

テロップ博士
テロップ博士

柔らかい雰囲気で女性向けの動画とも相性が良さそうです。

優しい柔らかめなフォント。ナチュラルな雰囲気のVlog(ビデオブログ)と相性が良さそうです。

あまりエフェクトをかけすぎずにフォントの良さをそのまま活かしたい印象です。

シンプルなVlogやコスメ系の動画にも使えそうです。

和風のツッコミ向きフォント「あっぱれフォント」

困っている<br>テロップくん
困っている
テロップくん

ツッコミに使えそう!

筆で書いたような和風の力強いフォント。バラエティやエンタメ系のツッコミにバッチリのフォントです。

和風な印象もあるので、番組の中で和なシーンが出てきた時に使ってみるのもアリかも。

勢いのあるシーンに使いたくなるフォントです。

Adobeフォントが追加されない時は?

Premiere Proなどを開いた状態でフォントを追加した場合は一度ソフトを再起動する必要があります。

再度ソフトを開くとアクティベートしたフォントが追加されています。

アクティベートしたフォントは、Premiere Proを始めIllustratorやPhotoshopでも同じように使用できて便利です。

副業・クライアントワークにはAdobeフォントがおすすめ

筆者はクライアントワークをする際やチームで編集を行う場合などにAdobeフォントを使っていました。

特に編集したプロジェクトデータをやり取りする際や、チーム内にWindowsとMacのPCを使っている人がいる場合など、確実に相手の環境にも同じフォントがあるので便利に作業を進めることができました。

フリーのフォントだと、相手が同じものを持っていない場合があるので、文字化けしたりして効率が悪いと感じていました。そういった点でAdobeフォントはPremiere Proを使っている方であれば同じフォントが使えるのでとても便利です。

これから動画編集の副業などでクライアントワークをする際は参考にしてみて下さい。

テロップ大百科ショップでは動画編集に役立つテンプレートを販売しています。

無料のテンプレートもあるのでぜひチェックしてみて下さい。

動画の完コピにチャレンジしたい方は以下の記事も合わせてどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました